足の臭いを防ぐにはまず通気性から

足の臭いの大敵は靴の通気性が悪く内部でかいた汗がそのまま蒸れの状態になって残ってしまうことです。

暖かく湿った環境というのはどうしても雑菌の繁殖が活発になってしまうので、他にどんな対策をとっていても足先のかゆみや不快感の原因になってしまいます。

そのため足の臭いが気になってしまう場合には、まずは毎日履いている靴を見直し通気性が悪すぎてはいないかということを調べてみましょう。

一見同じような革靴やブーツであっても、通気性にきちんと気を使った設計をしているものも多くあるので、もし足先の状態が悪いようなら靴を買い替えてみるというのも大切な選択になります。

またいくら通気性にすぐれた靴であっても毎日長時間使い続けてしまっていると蒸れは防ぎにくくなります。

通勤用に使用する靴は最低でも2足は用意しておき、一日置きくらいでローテーションができるようにしておきましょう。

ニオイ対策の靴下やストッキングを使う

足先の細菌の繁殖を防ぐためには、専用のグッズを使うと便利です。

特にビジネスマン向けにはかなり優秀な足先グッズが出ているので靴や靴下を買い換えるときにはそうした機能面にこだわってみるというのがよいでしょう。

臭い対策のある靴下やストッキングは「デオドラント仕様」といったふうにうたわれているため、そこから評判のよいものを選ぶようにします。

素材としてはできるだけ天然素材である綿やシルク、ウールと混紡繊維を使用しているものを選びます。

天然素材100%の方が肌に優しい気がしますが、綿100%の衣類は吸収力に優れる反面乾燥しにくいという欠点があるので、吸収した汗がそのまま靴の中に残ってしまいやすくなります。

夏場などは速乾性にすぐれたクールビズ用グッズも多いのでそれらから選ぶのがおすすめです。

女性向けのストッキングにも通気性重視のものやデオドラント効果の高いものがよく見られますが、どうしても繊維の質上通気性や吸湿性に劣ることになります。

ですので非常に暑い時期などには途中で何度かストッキングを履き替えるといったことをしていきましょう。

1日1度でも履き替えをするとかなり足の状態の良し悪しが変わってきます。

シューズキーパーで靴の蒸れをとる

複数の靴を用意して毎日履き替えるのがよいと前述しましたが、梅雨の時期など蒸れがいつもよりも進む季節では1日くらい休ませてもあまり状態が変わらないということもあります。

そうしたときのために、靴に入れておくことで湿気を取ってくれる「シューズキーパー」を用意しておくと便利です。

シューズキーパーはドラッグストアや靴専門店で販売されていますが、自分で吸湿性のある素材から手造りすることもできます。

使用方法はその日履かない靴の中にシューズキーパーを入れておくだけです。

内部の湿気をとり、さらに臭いを消してくれる役目をしてくれるので毎日爽やかに靴を履くことができます。