男性だけの悩みではありません

加齢臭といえば「オジサン」の悩みという印象を受けますが、この不快な臭いは男性だけに発生するものではなく、女性にも起こり得るものです。
男性特有のものだから自分には関係のないことだと思い込んでいる女性も多いですが、自分では気付かないうちに周囲の人を不快にさせている可能性もあります。
加齢臭は女性にもあるという事実を知り、正しい対策を実施しましょう。

女性にも加齢臭が発生する原因

なぜ女性にも加齢臭が発生するのかというと、女性ホルモンの分泌量が大きく関わっています。
男性にも共通していることですが、加齢臭が発生する原因はノネナールという物質が発生源になっています。
ノネナールが発生するのは男性だけの問題ではなく、女性にも起こることなので、男女を問わずに加齢臭が生まれてしまうと考えることができます。

ただし、女性の場合は女性ホルモンが活発に分泌されているため、加齢臭の臭いが抑えられています。
女性ホルモンは抗酸化作用ももたらすため、ノネナールの産生を抑えられるので男性ほど強い臭いを発していません。
だからといって安心できないのは、年齢と共に女性ホルモンの分泌量が減ってきてノネナールの産生を抑えきれなくなる点です。

ホルモンの量が乱れてくると皮脂もバランスが比例して乱れてきます。
本来の働きがあるなら酸化を抑える働きを発揮しますが、次第に効果が弱まってくるのでノネナールが多く発生することになります。
更に皮脂の量も多くなってくるため、以前では考えられないほど臭いがキツくなってくると考えられます。

一般的に女性ホルモンが崩れてしまうのは更年期だと言われていますが、若い世代でも例外ではないことを把握しておきましょう。
最近はストレスや日常生活の乱れなどが原因でホルモンの量が崩れやすくなっているため、本来の抗酸化作用を発揮できずに臭いが発生しやすくなっている人がとても多いです。

女性の嫌な臭い対策について

若い世代の場合は加齢臭の発生源になるとされる物質のノネナールは産生されにくいものなので、ホルモンの量を整えて皮脂が過剰に分泌されないように心がけてください。
規則正しい生活、ストレス解消、良い睡眠などを心がけることで改善が期待できます。

年齢を重ねるほど女性ホルモンが乱れやすくなるので対策が難しくなりますが、臭いを改善できる抗酸化作用の強い食生活を心がけることをおすすめします。
特に緑黄色野菜は抗酸化作用をもたらすと言われているビタミンAやビタミンCが豊富に含まれています。
またワインなどに多く存在しているポリフェノール、大豆を使った製品などにあるイソフラボンも抗酸化作用をもたらすと言われています。
ここで紹介した栄養素が多く存在する食品を積極的に活用しながらバランスの良い食事をとってください。