よく似ているけど違います

年齢を重ねると周囲の人に自分の臭いで不快な思いをさせているのではないかと不安を感じる方も多いです。
一般的に加齢臭と呼ばれるものは50代から60代以上の男性に発生するものですが、30代から40代の男性も自分の臭いを気にしている方も多いようです。
30代から40代という年代の体臭については加齢臭とは異なりミドル脂臭と呼び、同じ体臭でも加齢臭とは異なる特徴があります。

参考:加齢臭と混同しがちな「ミドル脂臭」とは?

ミドル脂臭の特徴

加齢臭に良く似ているミドル脂臭の特徴は臭いの成分にあります。

加齢臭の場合はノネナールという成分が臭いの発生源になっています。
皮脂腺の中に存在しているパルミトレイン酸が過酸化脂質と結びつくことで分解や酸化されてできる物質になります。
臭いを例えるとカビ臭いチーズ、古本、ろうそくなどにそっくりだと言われており、50代以降になって本格的に発生するものです。

ミドル脂臭の場合はジアセチルが臭いの発生源になります。
臭いを例えると古くなった油のようで不快に感じる女性も多いです。
ノネナールとの大きな違いは沸点が低くて揮発性が高いという特徴があるため、周辺に拡散しやすいのでほんの少量でも不快な臭いが充満しやすいです。
特に後頭部から首のあたりにかけて臭いが発生しているので、自分では嫌な臭いを放っていることに気付かない人が多いです。

心当たりをチェック!

ミドル脂臭は周囲の人に不快な思いをさせやすいのに、自分では臭いを放っていることに気付きにくいという特徴があります。
できるだけ早い段階で自分からミドル脂臭が放たれている事実に気付き、適切な対策を行いたいものです。

例えば、枕カバーが黄ばみやすくて最近変な臭いがするようになった、頭から首にかけて汗をかきやすいとかベタベタした感じがする、1日30分以上の運動を一週間に2回以上していない、仕事が忙しくてストレスが溜まっている、毎日決まった時間に食事を摂ることができない。
これらの項目にあてはまる内容が多いほど、ミドル脂臭を放っている可能性が高いと判断できます。

対策について

実はミドル脂臭が発生する原因になると言われているのが生活習慣の乱れです。
どんなに一生懸命臭い対策を実践しても、生活習慣の乱れが改善されなければ臭いが改善することもないのです。
根本的な解決策を実践したいという場合は、まず規則正しい生活を心がけて嫌な臭いを発生させないように注意してください。

既に臭いが発生している場合には臭いの発生源になっている頭皮の汗をしっかり落とすケアが必要になります。
適切なシャンプーを使用してできるだけ頭皮が傷つかないように丁寧な洗い方を実践してください。
なお、刺激の強いシャンプーは頭皮状態を更に悪化させるので、できるだけ刺激の少ないシャンプーを選びましょう。