セルフチェックで素早く対策を

人と会う前にチェックしておきたいのが自分の口臭です。
自分では口臭の存在に気付いていなくても、人と会話をした瞬間に不快にさせる臭いが放たれている場合もありますので、きちんと対策しなければいけません。
自分で口臭を確認しようと思ってもそう簡単にはできないもので、自分の口に手をかざして息を吐きかけて臭いを確認しても、すぐ空気中に混ざってしまうためどのていど臭っているのかよくわからないのです。
口臭チェックを行なう方法として試していただきたいことをご紹介します。

コップを使う

最も簡単な方法としておすすめなのがコップを使う方法です。
息を吐きかけてその臭いをかぐという方法が最も簡単な方法ですが、手をかざしただけではすぐ空気中に混ざってしまうので意味がありません。
そこで吐いた息をしっかり閉じ込めることができるようにコップを用意して息を吐きかけるとコップの中に自分の息を閉じ込めてすぐに臭いを確認できます。

これで少しでも臭いがしたという場合には口臭があるのだと判断できますが、どの程度臭っているのか確認するためには朝起きてすぐに行ないましょう。
前日の夜にしっかり歯を磨いているのに翌朝口臭があるということは、虫歯や歯周病が潜んでいる可能性があるので早めに治療を行なうことが大切です。

口臭チェッカー

市販の口臭チェッカーを使用して臭いの度合いを把握できます。
ただし市販されている口臭チェッカーは商品によって精度にばらつきがあり、必ずしも正確な数値とは限りません。
できるだけ正確な数値を知りたいのであれば歯科医院などで確認してもらう方法もありますので、あくまでも市販品に関しては目安にする程度に留めておきましょう。

舌の状態チェック

鏡の前でアッカンベーをして舌を出してみると、白っぽいとか黄色っぽくなっている場合があります。
これば舌苔というもので舌の表面に付着する苔のようなものです。
舌苔そのものが病気というわけではありませんが、口臭を引き起こす原因にもなりますので注意が必要です。
舌苔を布などで優しくこすって臭いを嗅いでみて強く不快な臭いがしたという場合には口臭もひどい可能性があります。

なお、黄色っぽい舌苔がこびりついている場合には歯周病を引き起こしている可能性もありますので歯科医に相談してください。

マスクを使う

口だけでなく鼻まですっぽり覆うことができるマスクを付けて1分くらい鼻から息を吸って口から息を吐く動作を繰り返してください。
この後マスクに臭いが付着している場合には口臭があると判断できます。
たっぷり鼻から息を吸い込んで、口から息を吐き出すという動作を繰り返すだけなのでとても簡単な方法です。