一時的な口臭は簡単に防げます

口臭には二種類があり、それぞれ「生理的口臭」と「病的口臭」というふうに分類できます。

「病的口臭」は文字通り体内に何らかの病気が起こるために発生する病気のことで、体のどういったところに異変が起きているかによって口臭の臭いも強さも変わってきます。

病的口臭の種類としては、歯周病や虫歯などの歯と歯茎の病気や、胃潰瘍やひどい便秘などの腸内の状態悪化、あるいは気管や鼻腔内の病気によるものがあります。

思い当たる病気がある場合にはまずそれら専門の診療科を受診して病気の方を治すようにしましょう。

病状がなくなれば自然と口臭もなくなっていきます。

ただ問題なのが、そうしたはっきりとした病気を原因としない「生理的口臭」の場合です。

生理的口臭は人なら誰でも持っているものであり、数時間前に食べた食事やストレスの状態、口の中の唾液の状態によって短期的に起こります。

口臭が収まるまでじっと待つことができればいいのですが、大切な人と会う用事があるなどの場合にはなんとかして一時的にでも口臭を防ぐためのケアをしなくてはいけません。

口臭をおさえるための製品はドラッグストアなどで簡単に購入できますし、普段から口にする食品でも代用が可能です。

口臭になりやすい食品・防ぐ食品

生理的口臭を作り出す一番の原因は直前に飲食をしたものです。

中でも直接的に口臭となるのは、にんにくやネギ類、唐辛子を含む辛味の強い食べ物です。

他にもアルコール類やコーヒーといった飲み物を飲んだり、タバコを吸ったりするとやはりかなり強い口臭となって残ってしまいます。

そうした食品などを口にしたあとには、歯磨きなどをしても簡単には口臭をおさえることはできません。

ですので大切な人と対面しなければいけない時にはそれらは数時間前から避けておくのが無難です。

一方で日常的に食べておくことで口臭を防ぐ働きをしてくれるものものもあります。

代表的なのが緑茶で、含有するカテキンが口内の細菌繁殖をおさえてくれるため朝の食事のあとなどに一杯飲んでおくと一日の口臭予防に効果を発揮します。

また野菜類の多くが当てはまる「アルカリ性食品」は多めにとるようにすることで口臭予防の効果があるとされています。

健康増進のためにも緑黄色野菜などを普段から多めにとるようにしていきましょう。

生活習慣も口臭の原因になる

食品だけでなく本人の生活習慣が慢性的な口臭の原因になることもあります。

口臭が一日のうちで最も多く出るのが朝起きたばかりの時間です。

起きたばかりの時には眠っている間に口の中で繁殖した細菌がいたり、口をあけて寝ていたために乾いた状態になっていたりします。

そうしたときにはどうしても口から臭いが強く出てしまうので、朝起きたら早めに歯磨きをして繁殖した細菌を除去していきましょう。

参考>>http://diamond.jp/articles/-/40182

朝はできるだけゆっくり寝ていたいから朝ごはんを食べないという人もいますが、それも口臭にはよくない影響を与えます。

朝食を食べないという人は食事をしないから歯磨きの必要はないと思う傾向がありますが、起きたばかりの口の中は一日でもっとも汚れた状態です。

どうしても朝は食べられないという人はせめて起きてすぐに簡単なブラッシングをする習慣をつけ、起きてすぐの状態の口の中のまま出かけないようにしましょう。