口臭の発生原因で多い

口の中から嫌な臭いがすると気になっている人の原因になるのが虫歯です。
しっかり歯磨きをしているつもりでも磨き残しがあったり、食べ物のカスが歯に挟まったままになっていると虫歯ができやすい環境になります。
磨き残しなどは歯垢や歯石を発生させる原因になりますが、この時に酸が発生して少しずつ歯を溶かしていくことで虫歯ができる原因になっているのです。
酸が発生すること、磨き残しがあることが重なって口臭が発生する原因になっています。

まずは虫歯の治療を

口臭が虫歯によって発生しているものだとわかった場合には、真っ先に虫歯の治療を行ってください。
いつまでも虫歯を治療しないまま過ごしていると更に進行して治療が長引く原因にもなりますし、口臭も改善されません。

まずは歯科医院に行って診察を受けて治療を受けますが、虫歯の進行度合いによって治療内容が異なります。
虫歯の進行度は5段階存在しており、C0の場合は歯の表面が少し溶けて白くなっている状態です。
この段階でフッ素入りの歯磨き粉などを使用して再石灰化を図ることで改善できると考えられます。

C1になるとエナメル質の部分に虫歯菌が侵蝕している軽い虫歯の状態です。
この段階でもまだ痛みを感じることはなく、フッ素を塗布することで進行をストップできると考えられます。

C2では歯の象牙質に虫歯が進行しておりもう少しで歯の神経に到達する段階です。
虫歯が進行してくると痛みを伴うこともあるので、ようやくこの段階になって自覚する方も多いです。
歯を削るという治療が行われるようになるので、この段階から歯科医院が苦手と実感する方もいます。

C3では歯の神経まで虫歯が進行している状況でかなり強い痛みを伴います。
我慢しきれなくなってようやく歯科医院に訪れるという方はこの段階まで達っしていると考えられます。
神経の治療も必要になりますので、完治まで時間がかかることになります。

C4になると歯の根元しか残っていない段階で歯冠部はほとんど見当たらないほど虫歯が悪化しています。
ここまでくると治療としては抜歯をする以外に方法がありません。
抜歯後はブリッジなどで抜けた歯を補わなければいけません。

予防が大事

虫歯による口臭を引き起こさないためにも歯磨きをして虫歯にならないように心がけてください。
きちんと歯磨きを実施しているというつもりでも実際にはキレイに磨けていないため、しっかりと歯ブラシを歯や歯茎に当てて細かく動かすようにして磨くコツを掴んでください。
歯科医院では正しい歯磨き方法についてプロの目線からアドバイスもしてくれますので、自信がないという方は遠慮なく聞いてください。
また、歯磨き粉をフッ素入りの商品に替えることで歯を強くすることも期待できます。