日本人の約8割が患者

年齢を重ねても自分の歯で過ごそうという運動が実施されてしっかり歯磨きを行なうようになった方がたくさん存在していますが、残念なことに歯周病になっている日本人は約8割と言われるほど患者数がとても多い状況です。
歯周病になっても自覚症状が少なく、口臭がひどくなってきたことに悩んでいたので歯科医に相談したところ、歯周病になっていたことに気付く方も多いです。
そんなにたくさんの人がかかっている病気なら歯周病だと診断されても気にしなくて良いのでは?と思う方もいますが、どんどん症状が悪化すると歯を支えきれなくなって抜け落ちてしまう恐ろしい病気なのです。
歯周病と口臭の関係を知り、症状に気付いたらすぐに歯科医に相談をしましょう。

治療の仕方

歯周病になると歯茎が腫れてきたり、歯茎から血や膿が発生しやすくなり口臭が発生しやすくなります。
口臭だけに着目しても歯周病をしっかり治していなければすぐに口臭が発生することになるため、まずは歯周病治療を視野に入れてください。

歯周病の進行がどの程度なのかによっても異なりますが、基本的な治療としては毎日の歯磨きが重要なポイントになります。
初期症状の段階では正しい歯磨きだけでも改善できるため、改めて正しい歯磨きの仕方を確認してください。
注意したいのは歯ブラシの毛先が歯と歯茎の間にある歯周ポケットに入るように45度の角度に傾けることです。
まとめて全ての歯を磨こうとするのではなく、一本ずつを丁寧に磨くように心がけるのがポイントです。

正しい歯磨きの仕方に慣れるまでは手鏡で確認をしながら磨くことをおすすめします。
何かをしながら磨いていると集中できないため適当な磨き方になってしまいます。
このように歯磨きをしっかり行う歯周病対策をプラーク(歯垢)コントロールと言います。

歯磨きをして歯垢を落としたつもりでも残っていた場合には歯石になってしまいます。
歯石になると歯磨きだけでは簡単に落とせないので歯科医院で歯石を除去するスケーリングをしてもらうことをおすすめします。
歯石が溜まったままになっていると更に汚れが付着しやすくなって菌が大繁殖する原因になります。

更に歯の根本の奥に汚れが溜まっている場合には表面を滑らかにするルートプレーニングを実施します。
汚れをしっかり落としてから歯の根の表面を滑らかに仕上げるものです。
これで歯垢が付きにくくなって歯周病の改善にも役立ちます。

歯周病の治療としては基本的には毎日の歯磨きを丁寧にしっかりと行なうことで、定期的に歯科医の診察を受けて口内環境が悪くなっていれば必要に応じてケアしてもらうことが大切です。
症状が悪化しないうちに、口臭に気付いた段階ですぐ治療を開始することをおすすめします。