女性特有の不快な臭い

年齢を重ねるほど嫌な臭いが自分の体から発せられているかもしれないと思うほど、居ても立ってもいられない状況になって何とか対策を実施している方も多いですが、自分自身で行なうには限界があると感じられるのが口臭です。
女性でも口臭がキツイという人が存在しており、自分では気付いていないようなので指摘してあげたいけどなかなか教えてあげられないという意見が多いほど、人知れず周囲に迷惑をかけてしまうものです。
周りの人には言い難い口臭の悩みを改善するためには、女性ホルモンの存在を忘れてはいけません。

女性にしかないメカニズム

口臭の悩みを抱えている女性が知っておくべきなのは女性ホルモンの存在です。
例えば生理の時になるといつもよりも口臭がキツくなったと感じる方も多いですが、これはホルモンの影響が強く現れている証拠なのです。
生理中にはエストロゲンがあまり分泌されなくなるので唾液の量が少なくなりやすいという特徴があります。
実はホルモンの影響を受けて唾液の量が減ってしまうのが女性特有の口臭が発生する原因になるのです。

唾液は食べたものが口の中に残っている場合には洗浄する役割を発揮したり、口の中に存在している細菌がこれ以上繁殖しないように抑制する働きがあります。
唾液が減ってしまうということは口内環境が悪化することに繋がりますので、臭いを発生する原因になる細菌がどんどん増えて嫌なガスを発生させて臭いを充満させてしまうのです。
更に歯周病などを発症しやすくなって今まで以上に強い口臭を伴う原因にもなります。

女性は生理だけでなく妊娠や出産、更年期などに伴ってホルモンの量が変化しやすいため口臭が発生するタイミングがたくさんあると考えられます。
更に日常生活のストレスや疲労感などの影響を受けて更に強い口臭になることも考えられます。
男性よりも女性の口臭がキツイと感じる人が多いのは、このような理由があるからなのです。

口臭対策

ホルモンの量に比例して唾液が減ることで口臭が発生しているので、唾液を積極的に出す努力がおすすめです。
普段の食事ではしっかり咀嚼をするようにして唾液の量を増やす努力をしてください。
口の中に詰め込み過ぎると咀嚼しにくいので、少しずつ咀嚼をする努力をしてください。

この他におすすめなのは舌回し体操で、舌の付け根に存在している唾液を出す場所を刺激することで唾液の量を増やす効果を発揮します。
舌回し体操は舌を歯と唇の間に入れて歯の形に沿うようにしながら舌を動かしていきます。
左右で20周ほど行っていると次第に唾液の量が増えていることに気づくはずです。
この体操はテレビを見ながらなど何気なく実践できるものなので、最近口臭が気になっているという方はぜひお試しください。