頭皮の臭い防止にはまず頭皮環境を整える

頭皮の臭いの対策法頭皮から出る臭いの原因は頭皮の内側の皮脂腺からの皮脂が表面に残り、酸化をしたり雑菌が繁殖したりすることです。

しかし頭皮部分から完全に皮脂を取り除いてしまえば解決をするかということそういうわけではなく、逆に頭皮から皮脂の大部分が失われてしまうと乾燥から頭が痒くなりそこにまた雑菌が入り込みやすくなってしまいます。

ですので毎日の頭皮ケアをしっかりして潤いある皮脂の状態を保つことができれば、自然と雑菌の繁殖のない臭い頭皮環境をなくすことができます。

毎日の頭皮ケアで最も大切なのは入浴時に行うシャンプーです。

シャンプーはシャンプー剤の選び方も重要ですが、もう一つきちんとした手順で丁寧に洗うことができているかということも非常に重要になってきます。

もしシャンプーを幾つか試してみたけどどうしても頭皮環境が改善しないという場合には、一度正しいシャンプーの仕方になっているかをチェックしてみてください。

正しいシャンプーの方法

シャンプーといえば、おそらくほとんどの人が無造作にお風呂に入り水やお湯で濡らした毛髪にシャンプー剤を付けて泡立てて流すという方法をとっていることと思います。

しかしより丁寧にシャンプーをしようとする場合まず入浴して濡らす前に軽くブラッシングをしておいた方が頭皮にはよい影響を与えます。

というのも乾いた状態の髪の毛にはホコリやゴミ、古い角質がついているため先にブラッシングをするとあらかじめ大きな汚れを落としてから行うことができるため、よりシャンプーの効率がよくなるからです。

また濡らしたあとにシャンプーをつけるときも直接ボトルから頭につけるのではなく先に手のひらに適量をとり泡立ててから付けた方が頭皮への刺激が軽くなります。

市販されているシャンプー剤は刺激が強いものも多いため、部分的に直接たくさんつけてしまうとその部分だけ皮脂や毛髪が傷んでしまうことになります。

また洗うときも痒みをとるために爪を立ててガシガシと削るようにするのではなく、指の腹を使って揉み込むようにして丁寧に洗っていきます。

男性などで毛髪が少ない人であっても、この頭皮マッサージをきちんと行うことが臭いやフケの防止になるのでぜひ丁寧にやってもらいたいところです。

流すときにはあまり熱すぎるお湯や冷水ではなく、ぬるめのお湯で丁寧に洗い流していくようにします。

濡れたままの状態は髪にも頭皮にも悪影響

シャンプーが終わったあとのケアも重要です。

髪の毛が濡れたままの状態は髪のキューティクルが開き傷みやすくなっています。

また濡れて蒸れた状態は細菌が繁殖しやすく、洗いざらしにしておいたら臭くなってしまったということもあります。

シャンプー後にはきちんと髪の毛と頭皮を拭き取り、刺激をかけすぎないように気をつけながらドライヤーで乾かしていきます。

頭皮に気を使ったシャンプー方法にするだけでもかなり頭皮環境がよくなり臭いもおさえられますので試してみてください。