手からにおいを発することも

緊張をすると手に汗をかいてしまうこともありますが、その時手のにおいを気にしたことがあるでしょうか?
手には汗腺がたくさん存在しているので、手汗をかいた時には臭くなるのではないかと気にする方もいますが、果たして本当にそのにおいは汗のせいなのか確認してみましょう。

手のにおいと汗の関係

手に汗をかくことは良くあるものですが、この汗はサラサラとして特別なにおいを放つ特性はありません。
これはエクリン腺という汗腺で、脇の下などに存在している独特のにおいを放つアポクリン腺とは異なります。

しかし、汗そのものはにおいがしないという特徴があっても、自分の手を嗅いでみると臭いという場合があります。
これは手の平に存在している菌が汗を分解することで嫌なにおいを発生させるという原因があります。
例えば手袋をしばらく付けてから取り外すと汗をたくさんかいていて嫌な臭いがするものですが、これが手にたくさんの菌が繁殖している証拠なのです。

多汗症はにおいがキツい?

手の平など体の各部位で局所的に汗をかきやすい症状が見られる多汗症の人は手の平のにおいもキツいと言われています。
汗をたくさんかくことで菌が繁殖しやすい環境になるためにおいが発生しやすいと考えられますが、こまめに手を洗っている人なら多汗症でも手のにおいがしにくいものです。
普段から手汗をかきやすいという方は、汗をかいたらきちんと拭き取るようにしたり、洗うように心がけていると嫌なにおいを予防できると考えられます。

有効な対策

手のにおいを予防するための対策としては、殺菌作用や消臭効果が期待できるボディソープを使用して洗うことをおすすめします。
においを発生させる菌の繁殖を抑える働きがあるので根本的な解決策として良い方法といえます。
また、殺菌作用のあるハンドソープを使ってこまめに洗うのも有効です。

すぐに手を洗える環境ではないという場合にはタオルで汗を拭き取るだけでも良いです。
一番悪いのは汗をかいたまま放置していることで、菌が繁殖しやすい環境を維持しないようにすることが手のにおいを発生させない有効策になります。
この他にも手の平に使える制汗剤も市販されており、汗をかかないようにすることでにおいの発生源を抑えるという方法もあります。

手のにおいを予防する方法は汗をかかないようにするのが一番良いので日頃からストレスを溜め込まないようにして過ごすのも大切です。
ストレスを溜め込んでいるとすぐに手汗をかきやすくなるので、適度なストレス発散方法を実践してみましょう。
あまり気にしすぎると余計に汗をかきやすくなるので、リラックスしながら過ごして手汗の存在を忘れることも大切です。