身近なものが体臭対策に

スーパーやドラッグストアに行くと様々な体臭対策グッズが販売されている中で、わきがにはどの商品を選ぶべきかわからないという声も多く聞かれますが、実は身近なものがわきが対策に効果的と言われています。
スーパーでは体臭対策グッズとは異なる売り場に存在しているミョウバンがおすすめなのです。
わきがにはミョウバンが効果的とされる理由についてご紹介します。

昔から存在する消臭剤

ミョウバンと言えば茄子の漬物を作る際に色落ち防止に使ったり、煮崩れを防止したりやアク抜きをするために活用する食品添加物としての役割を果たすのが有名です。
ミョウバンはカリウムやアルミニウムなどの金属イオンが結合された複塩になります。
スーパーなどで市販されているミョウバンは人工的に合成されていますが、本来なら自然界にも存在しているものです。

ミョウバンを臭いを消すために活用していたのは古代ローマの頃からで、当時はミョウバンが結晶になっているアルム石を活用していたと言われています。
古代ローマ人も体臭を気にしていたのだと推測されますが、この頃から既にミョウバンが不快な体臭に効果があるとわかっていたのです。

消臭効果を発揮する理由

なぜミョウバンが体から放たれる嫌な臭いに良い効果をもたらすのかというと、臭いの元になる細菌はアルカリ性の時に繁殖するという性質に関係があります。
水にミョウバンを溶かすと酸性になるので、これを皮膚に付けると酸性になって細菌が繁殖しにくい環境になり臭いを抑えることができます。
臭いを抑えるだけでなく、抗菌作用も発揮するため臭いの元を断つという結果ももたらします。
つまり、臭いの原因になる汗の発生と細菌を抑制する働きによってわきがの嫌な臭い対策にもしっかり対応できるというメリットがあります。

ミョウバンで臭い対策

スーパーなどでは焼きミョウバンが比較的入手しやすいですが、薬局などでは普通のミョウバンが購入できます。
使用するのはどちらでも構いませんので購入しやすい方でお試しください。

ミョウバンを20gに対して水を500ml使用します。
キレイに洗った空きペットボトルにミョウバンと水を200~300ml入れて一晩ほど置いてから残りの水を加えてください。
焼きミョウバンの場合はすぐに水に溶けずに浮く性質があるため、最初から500mlの水を入れてしまうと溢れてしまうので分けて入れた方が良いです。

ペットボトルをしっかりと振って混ぜあわせたものがミョウバン水の原液になりますので、冷蔵庫などの冷暗所に入れて保管しておけば1か月くらいは使用できます。
原液をそのまま使わず10倍ほどに薄め、スプレー容器に入れてわきの下など嫌な臭いが気になる部分に使用してください。