医師にかかった場合の治療法

わきがは、全国にある病院や診療所の形成外科、皮膚科、美容外科といったところでの受診となります。

ただしもし本格的な治療が必要となるほど症状が深刻な場合には外科手術をする必要があるため、その場合には形成外科もしくは美容外科の受診となります。

皮膚科ではまずその人のわきががどのくらいの臭いで、どういった対処方法が適切であるかということを診断するため、まず最初に自身がわきがであるかということをチェックするくらいの気持ちで受診をするのがいいかもしれません。

形成外科と美容外科のどちらがよいかということですが、一般的には形成外科は総合病院などとして置かれているのに対し、美容外科は美容クリニックとして営業をしていることが多くなっています。

そのため健康保険を適用して手術を受けたいなら、形成外科がある病院の方がおすすめです。

一方で美容外科の場合はわきがの症例が多く、最先端の機器を導入していることもあるためより本人の体質にあった治療を受けることが期待できます。

ワキガ治療はその程度に応じて「保存治療」もしくは「外科手術」として行われるので、先にどこまでの治療が必要かということを詳しく検査する必要があります。

自分でできるワキガ対策

わきがの原因は脇部分にあるアポクリン汗腺からの汗が体表面で細菌を繁殖させてしまうことです。

そのため軽度の腋臭症ならば、脇の部分を丁寧に洗い清潔な状態を保つようにすることでかなり臭いをおさえることができます。

対策方法としてはまず脇に生える毛を丁寧に除去することと、消毒用エタノールなどを使って雑菌がいつまでもとどまらないようにすることがあります。

しかしあまりにもわきがを気にするあまり何度も脇にカミソリをあてたり、必要以上に消毒を繰り返したりすることでむしろ肌荒れを起こしそこからわきがが悪化するケースもあるので注意が必要です。

軽度のわきがであれば、市販されているわきが防止スプレーなどでも十分に効果があるので汗をたくさんかいたときにこまめに使用していくというだけでも十分な効果があります。

いよいよ症状がひどくなったために外科手術をする場合にもいくつか方法があり、最も本格的な「剪除法(せんじょほう)」という脇の下のアポクリン汗腺をとってしまうものから、脇の下の脂肪吸引をすることでアポクリン腺を小さくしてしまう方法、または脇にボトックス注射をすることで汗そのものが出ないようにしてしまうことまでもがあります。

どういった治療法を行うかは病院やクリニックによって異なるので、必要な手術費や保険の適用範囲など詳しく説明を受けてから依頼しましょう。

毎日の生活から少しずつ改善も

平均的な日本人の体質は、欧米系の人に比べて体臭がしにくくそこまで強い臭いがすることはあまりありません。

そのためか人よりもわきがが強い人は実際にはそれほどでもなくても悩みをつのらせてしまうことも多くああります。

欧米系の人はほぼ全ての人が強いわきががあるせいか、香水を日常的につけるなどまた違った対策をとっています。

ここ最近日本でわきがに悩む人が増えてきた背景には、食生活が欧米化してきたために汗の質がワキガを誘発しやすくなってきたことと、運動不足により汗がうまくでない人が増えてきたことがあります。

あくまでも間接的な手段となりますが、体質を改善して汗そのものをあまりかかないようにしていけばワキガも出にくくすることができます。