夏だけの問題ではありません

汗をよくかく夏にはわきがの悩みを訴える方も多いですが、気温が下がる冬になっても同様の症状が続いていて困っている方も多いはずです。
むしろ夏よりも冬の方こそ臭いがキツくなってきて辛いと実感している方も多いです。
正しい冬わきがへの対策方法を確認しておきましょう。

夏と冬のわきがの違い

夏と冬に発生するわきがは何が違うのかというと、汗が出てくる汗腺が大きく関係しています。
冬になると汗腺の働きが弱まってくるので汗の量が減るのも当然ですが、汗で流されるべき皮膚の老廃物がそのまま留まっているため、嫌な臭いが発生しやすくなります。

夏は暑くて汗をかきやすいため積極的に水分補給をしなければいけませんが、冬になると夏ほど水分補給をしないものです。
また、空気が乾燥しているため肌内部の水分量も不足しがちになっているため体の水分が不足して汗をかきにくくなっています。
結果的に汗の量が減ってしまい皮膚の老廃物を排出しきれなくなり、わきがの発生原因とされているタンパク質が多く存在している汗が発生するようになってわきがの嫌な臭いを引き起こす原因の汗が溜まってしまうのです。

冬は厚着をしているため汗をかいても発散しにくいため、蒸れが生じやすくなります。
更に嫌な臭いが充満する原因にもなるので正しい対策を実践したいものです。

汗腺の活発化が重要

冬わきがが発生する原因は汗腺の働きが弱まっているためなので、できるだけ汗腺の働きを活発にさせることが良い対策法と言えます。
そのためにはサウナや温泉などに入って汗をかく習慣が重要なポイントになります。
家庭ではお風呂にゆっくり浸かるようにして体を芯まで暖めるようにしてください。

入浴時の方法としては、熱いお湯に少しの時間だけ浸かるのではなく、ぬるめのお湯に長時間浸かるようにした方が体の芯までしっかり暖めることができます。
お湯の量も肩までしっかり浸かるという量ではなく、胸の下辺りまで浸かる程度の量にして半身浴を実践してください。

しばらくお湯に浸かっているとじんわりと汗をかいてきますので、途中で水分補給ができるように準備しておくと便利です。
水分補給をする際に冷たい飲み物にするとせっかく温まった内臓が冷えてしまうので、常温か暖かい飲み物にしてください。

蒸れを生じさせない

日常的な過ごし方としては、どうしても冬になると厚着をして寒さをしのぎたくなるものですが、できるだけ厚着はしないようにしてください。
どうしても我慢できないという場合には通気性の良い綿や絹などの素材を選び、通気性のあまり良くないナイロンなどの素材は避けてください。
体の「首」と付く部分を重点的に暖めるようにすると体が冷えにくいと言われていますのでぜひお試しください。